産業廃棄物処理のためのコンテナボックス、修理・メンテナンス

ダストボックス、コンテナボックス・・・、いろいろな名前で呼ばれるいわゆる「ごみ庫」ですが、その性質上どうしても日陰者として、ひっそりジメジメしたところに生息していることが多いです。
そのため、なかなかメンテナンスが行き届いていないのが実情です。
扶桑産業は、ボックスを販売することを生業としていますが、売りっぱなしではありません。 職人が精魂込めて手作りしたものだからこそ長く使ってほしい。お店や企業の繁栄を影でずっと支えていく存在になりたいと考えています。

車輪が壊れた、塗装がはげた、底板が抜けてしまったなど、出来得る限り再生します。
もちろん他社で購入したもの、いつから使っているかわからないくらい昔の物でもかまいません。
まずはお気軽にご相談ください。

さまざまな品質・予算に合わせて修理いたします!

扉の付け替え

  • コンテナの修理の写真
  • コンテナの修理・メンテナンス
  • コンテナの修理後の写真
  • 壊れたから買い替えるではもったいない!

    使用していると少しずつ部分的な破損が発生します。
    「タイヤが壊れた」「錆が酷くなっている」そんなとき廃棄していませんか?
    まずは一度ご相談ください!
    さまざまな品質・ご予算に合わせて修理方法をご提案いたします!
    扶桑産業以外でご購入・作製された商品も迅速に対応させていただいております!!